Intervieww09

国内外で事業を展開する農業機器メーカーの社員を取材

リョーノーファクトリー株式会社

reporter

moviemovie

report

1

女性が働きやすい環境

製造業は男性中心の職場が多く、リョーノーファクトリーも従業員のおよそ9割が男性です。しかし、女性も活躍しています。同社では、ライフスタイルに合わせて自由に働くことができるフレックス制度が導入され、仕事と家庭の両立が実現しています。また、上司が子育てをしながら働く人への理解を示し、優しく対応してくれます。胡さんは「子どもが熱を出したときに、周囲の人に体調を心配する声をかけてもらいました」と話していました。

2

国際的な仕事だから、異文化に触れる魅力さ

胡さんはさまざまな国の企業と商談をしています。「商談の際にそれぞれの国の文化と特色を理解・尊重して対応することが、グローバルビジネスの成功につながると常に感じています」と話してくれました。例えば、インドの人との会議では必ずおやつを食べながら進行。中国の人と商談をするときは、仕事終わりに一緒にご飯を食べに行くのが定例になっているとのこと。中国人である胡さんは、自身が 日本人と交流する中で、日本国内でも地域によって県民性などの違いを感じるそうです。そのような経験があるからこそ、それぞれの国や地域の特色を大切にしているのだなと感じました。

3

中国から日本に移住して感じたこと

胡さんは移住して6年目。言語の障壁を感じていた移住初期を振り返って「日本人が話す日本語はとても速くて、理解するのが大変でした。外国語を習得する秘訣はたくさん話すこと! 私もこの方法で日本語を話せるようになりました」と話していました。また、日本に移住して改めて祖国の素晴らしさに気づくことができたそうです。中国にはそれぞれの地域に多様な食文化があると誇らしげ に話していた胡さん。日本でも地域の食文化に触れることが楽しみだそうです。

学生の感想

リポーター:田口絢葉さん

一緒に出迎えてくださった胡さんと上司の方が親しくお話ししている様子から、人間関係が良い職場なのだと感じました。また、家庭と仕事の両立について、「温かい言葉をかけてくれる上司や同僚に恵まれている」と優しく笑って話してくださった胡さんの姿が印象に残っています。国際交流が多い仕事に対し、自分の国とは異なる社会や文化を尊重する胡さんの姿勢に感銘を受けました。

アピールポイント

フレックスタイム、テレワーク、在宅勤務など各制度が充実していて、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や場所を調整できることで、仕事と子育て両立しやすいです。
職場の雰囲気はよく、先輩、同僚たちは知識、経験が豊富! とても優しく丁寧な指導があり、日々自分のスキルアップを感じられます♪

リョーノーファクトリー株式会社

PAGE TOP