Interviwwe05

証券・金融の頼れるサポーターコールセンター担当者に取材

SBIビジネス・イノベーター株式会社

reporter

moviemovie

report

1

実家のある安心した環境で
社会人生活を頑張りたい

京都で大学生活を送っていた安部さん。関西での就職も考えていましたが、慣れない社会人生活を、実家という安心できる場所で臨みたいと思い地元・島根での就職を決めました。実家から職場までは車で約1時間。大好きなk-popを聴いてリラックスしたり、考えを整理したりと自分だけの時間をとても大切にしているため、長くは感じないそうです。「このような環境も車社会の島根だからこそ満喫できます」と話してくれました。

2

対、人との業務だからこそ
“ファーストコール”を大切に

安部さんの主な業務の中に、お手続きなどお困り事があるお客様への電話対応があります。受電した際の名乗りから、問い合わせ内容の確認までを「ファーストコール」といい、「電話での印象は15秒で決まり、その印象は300時間続く」「笑声・開口・スピード・抑揚・語尾の5つのポイントを抑え、証券や金融を取り扱っていることから明るさだけでなく頼れる印象ももってもらえるような話し方をすることが大切です」と教えてくれました。

3

チームのリーダーとして
働きやすい環境を意識

会社では5人のチームのリーダーである安部さん。週2回のカジュアルなミーティングを通してメンバーと密な聞係性を構築し、風通しの良い職場環境を目指しています。また 、普段からチームの様子を気にかけ、ささいな変化に気づけるよう意識しているそうです。メンタルや業務面の支援に限らず、新人教育の質を高めるための努力も欠かしません。日常生活の中で日経平均などの金融関係の情報をチェック。知識の面でもチームを幅広くサポートできるようにしています。

学生の感想

リポーター:岡田莉沙さん

今回「しまね」JOBGirl」に参加し、島根で生き生きと働く安部さんのお話を聞いて、社会人って楽しそう!と改めて思いました。安部さんの仕事での綺麗な言葉遣いや、柔らかい話し方、そしてFXや積立NISA等のお金の知識を通して自分自身をより高める姿がとても素敵で、私も春から社会人になるのでいろんなことを吸収して成長し続けたいと感じました。

アピールポイント

SBIビジネス・イノベーターは就業している7割が女性社員です。
産休も取得しやすい環境のため取得率は100%。そのため産休からの復帰希望者も多く、女性が働きやすい環境が整っています。
2021年4月にスタートしました島根BPOセンターで就業している社員のバックグラウンドは金融業界、サービス業、接客業、と様々です。相互尊重しながらより良いサービスの向上を目指して日々就業しています。

SBIビジネス・イノベーター
株式会社

PAGE TOP