Intervieww01

お菓子のパッケージ専門メーカで笑をカタチにするデザイナーを取材

株式会社パッケージ中澤

reporter

moviemovie

report

1

好きなデザインを仕事に

関さんはデザイン専門学校を卒業し、デザインに関わる仕事を したいと考えていたそうです。入社の決め手は、会社見学の際に 聞いた「ケーキは人を笑顔にする食べ物だ」という言葉。パッケージ デザインを通してそのお手伝いができると思ったそうです。「パッケージ を担当したお店のオープンに立ち会い、社員の方がパッケージに とても満足して褒めてくださり、『ありがとう!!』と言われた時は とても嬉しく、今でも覚えています」と話してくれました。

2

アットホームな会社

コミュニケーションが苦手だという関さんですが、「社員同士仲 が良く、気さくに話しかけてくれて優しいです」と話してくれました。 その嬉しそうな様子から、温かい職場であることが伝わりました。 デザインを考える際には、こだわりのある譲れない部分を、チーム の中でしっかりと意見できます。部下と上司の壁がなく、アットホーム な職場だそうです。さらに、育児休業や育児短時間勤務、生理休暇 等の有給も充実しています。

3

直接お客様と顔を合わせる機会が
少ないからこそ

デザイナーである関さんは、パッケージを作る際、お客様や企業 と直接やり取りをすることは多くありません。営業から発注先の ニーズを聞き、発注企業のHPを調べたり、商品を手に取ったお客様 からはどのように見られているのかを考えたりしながらデザインして いるそうです。関さんがデザインした牛柄のパッケージは、箱の側面 のつなぎ目まで計算され、模様の中に牛のシルエットを入れる等 の工夫が凝らされていました。また、普段からお土産屋に行った 時にパッケージに注目するなど、生活の中でアイデアを得ることも あるそうです。

学生の感想

リポーター:西尾風音さん

取材前は、デザインという発想力を要する職場のイメージが全く 想像できませんでした。取材中、会社の皆さんが沢山話かけてくだ さって、仲の良い温かい職場だと感じました。実際に箱を組み立てる 体験をして、パッケージは見た目だけでなく、形にもお客様が使い やすい工夫があると気づきました。職場もオシャレで働いてみたい と思える場所でした。

アピールポイント

定時は17:08。残業はまず無いので趣味や家族、友人との時間を大切にできます。
マラソン部など楽しい部活動があり、条件を満たせば、新しい部活を作り支援金がもらえる制度もあります。
各休暇もしっかり取得でき、産前産後はもちろん、お子さんの急病での呼び出しなど、労わり調整しあう環境が整っているので、女性も出産を経て定年まで働かれる方が多いのが特徴です。

株式会社パッケージ中澤

PAGE TOP